1つの土地に4つの価格? 一物四価について

不動産の購入・売却ガイド

1つの土地に4つの価格? 一物四価について

土地には「定価」がありませんが、目安となる複数の価格が存在します。

column_thumbnail05

コンビニエンスストアで買い物をする時、ネットショッピングをする時など、モノには価格がついています。
前もって定められた価格=定価。定価がついていることが当たり前のように思われていますが、「土地」には面白いことに異なる4つの価格があり、そのことを「一物四価(いちぶつよんか)」といいます。

1. 時価(実勢価格)
不動産市場で実際に売買取引されている価格を指し、売主と買主の需要と供給によって決まります。
いわゆる「相場」と考えて良いでしょう。
2. 公示地価(公示価格)
国土交通省が毎年1月1日時点での土地価格を算出して発表する価格。
例年3月下旬に発表され、一般の土地取引の指標となる価格です。
3. 相続税評価額(路線価)
国税局が毎年1月1日時点での土地価格を算出して発表する価格。
相続税や贈与税を計算するときの基準となる課税価格で、公示価格の80%を目安に決定されています。
4. 固定資産税評価額
市町村が3年ごとに1月1日時点を基準として算出して発表する価格。
固定資産税、都市計画税、不動産取得税、登録免許税などの基準になり、公示価格の70%を目安に決定されています。

公示地価(公示価格)を100とした場合の各価格の関係

公示地価(公示価格)を100とした場合の各価格の関係 公示地価(公示価格)を100とした場合の各価格の関係

あくまで目安ですが、物件を売買する際には、これらの複数の価格から時価(実勢価格)を試算することができます。

購入・売却をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

東京の中古マンションの購入・売却・住み替えなら不動産売買の住み替えプラスにご相談ください。マンション・戸建・土地の売却や住み替えをお考えの方に、無料査定も行っております。

マンション・戸建・土地の
売却をご検討中の方へ

無料一括価格査定お申込みはこちらから 秘密厳守・無料査定・即時回答