不動産の売却の流れ

不動産の購入・売却ガイド

不動産の売却の流れ

住まいの売却のご相談から引渡しまでの流れをご案内します。

thumbnail02

STEP1不動産会社に売却の相談をする

お住まいの売却を考え始めたら、まずは不動産会社に相談しましょう。
不動産会社に現状の持ち家を調査・査定してもらい、所有者の方の状況をふまえて最適な住み替えプランを提案してもらうことができます。

以後のスケジュールや価格設定、住宅ローンの残債と諸経費を差し引いた上で手元に残る大まかな金額など、売却活動の前のご不明点を解消いたします。

STEP2媒介契約を締結し、売却活動を開始する

売却査定が無事終了したら、お住まいの売却をお任せいただくために媒介契約を締結します。 取り交わす媒介契約は「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類から選択します。

媒介契約の種類と特徴

    専属専任
媒介契約
専任
媒介契約
一般
媒介契約
所有者様側 複数の
不動産会社への
仲介依頼
不可能 不可能 可能 明示型の場合、複数の会社に依頼した際に不動産会社に通知する義務がある ※1
自ら探索した
購入希望者との
直接契約
不可能 可能 可能
不動産会社側 指定流通機構
(レインズ)
への登録義務
媒介契約締
結日から
5日以内
媒介契約締
結日から
7日以内
法令上の義務はない 任意での登録は可能 ※2
所有者様への
業務処理状況の
報告義務
1週間に1回以上 2週間に1回以上 法令上の義務はない 任意で報告を求めることは可能 ※3
契約の有効期間 3ヶ月以内 3ヶ月以内 法令上の制限はない 行政の指導に従い
3ヶ月以内が一般的
※4
  • ※1…明示型の場合、複数の会社に依頼した際に不動産会社に通知する義務がある
  • ※2…任意での登録は可能
  • ※3…任意で報告を求めることは可能
  • ※4…行政の指導に従い3ヶ月以内が一般的

STEP3不動産売買契約を締結する

売却活動を行い、購入希望者から購入申込書を受領します。物件価格、支払い方法、引渡し時期など各種交渉および調整をし、条件が確定したら不動産売買契約を締結します。

不動産売買契約時に必要となるもの(売主様)

  • (1)登記書類
    (登記済証または登記識別情報)
  • (2)ご実印
  • (3)印紙代(売買価格により異なります)
  • (4)仲介手数料の半金
  • (5)ご本人確認資料
    (運転免許書、健康保険証など)
  • (6)固定資産税納付書

※ご本人がご契約に出席できない場合、別途、委任状が必要となります。

売買契約の締結後に、買主様より手付金を受領します。

STEP4物件引渡しの準備をする

物件のお引渡し日までに、引越しや私物の撤去などをして、買主様へ物件を引渡せる状態にする必要があります。 公共料金の清算や引き渡す鍵の準備、住宅ローンを利用して購入していた場合は一括返済の手続きなどを忘れずに行いましょう。

STEP5残代金を受領し、物件を引渡す

下記のような手順で、物件引渡しを行います。

1. 登記申請手続き
司法書士に必要書類を渡し、所有権移転登記申請を依頼します。
2. 残代金の受領
売買代金(残代金)を受け取り、領収書を発行します。
その他、固定資産税・都市計画税や管理費等(マンションの場合)の日割精算も行います。
3. 登記費用(登録免許税等)
物件の管理規約や総会資料、パンフレット、付帯設備の保証書・取扱説明書などを買主様に渡します。
4. 鍵の引渡し
物件の鍵を買主様に渡します。

お引渡し時に必要となるもの(売主様)

  • (1)登記書類
    (登記済証または登記識別情報)
  • (2)ご実印
  • (3)管理規約・パンフレット・建築確認通知書等
  • (4)物件の鍵
  • (5)登記費用
    (抵当権抹消登記等がある場合)
  • (6)固定資産税納付書
  • (7)仲介手数料の残額

不動産の売却をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

東京の中古マンションの購入・売却・住み替えなら不動産売買の住み替えプラスにご相談ください。マンション・戸建・土地の売却や住み替えをお考えの方に、無料査定も行っております。

マンション・戸建・土地の
売却をご検討中の方へ

無料一括価格査定お申込みはこちらから 秘密厳守・無料査定・即時回答