不動産の購入の流れ

不動産の購入・売却ガイド

不動産の購入の流れ

住まいの購入のご相談から入居までの流れをご案内します。

%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e3%81%ae%e8%b3%bc%e5%85%a5%e3%81%ae%e6%b5%81%e3%82%8c

STEP1不動産会社に購入の相談をする

お住まいに対するご希望をお聞かせください。
戸建てかマンションか、どのエリアや間取りがよいか、購入ご予算や月々の支払い額はどれくらいで収めたいか……など、ご希望のライフスタイルを叶えるための様々な条件をお伺いします。それらをふまえて、優先順位が高い条件を整理し、ご予算やライフプランに最適な厳選物件をご提案いたします。

STEP2資金計画を立てる

不動産の購入に向けて一番大事な「資金計画」を立てましょう。
資金計画を行わずに物件見学を始めてしまう方が多数いらっしゃいますが、無理のない資金計画が想定できていないと、物件探しはなかなかうまくいきません。

「住宅ローンでいくらくらいまで借りられるか?」
「想定している初期費用は無理のない支払い範囲か?」
「月々の支払い総額はいくらか?」
「賃貸で住んだ場合と比較して、購入するメリットがあるか?」
「購入金額の上限はいくらにするか?」

上記のような項目について、お住まいになる方同士、またはご本人の認識をクリアにすることで、はじめて物件探しの条件が明確化されます。資金計画が整うと、ご希望物件を見つけた際にスムーズに購入申込みができ、ご契約に向けてスムーズに意思決定することが可能となります。そのため、住宅ローンを利用して物件を購入する場合は、物件を内見に行く前に、金融機関に住宅ローンの相談をしておくことをお勧めします。

購入に必要な資金

購入に必要な資金 購入に必要な資金

諸費用の内訳(物件価格の6〜8%程度)

登記手数料

司法書士費用
登記手続きの際の司法書士への報酬

保険料

火災保険料等

税金

印紙代
売買契約書やローン契約書に貼付する印紙

不動産取得税

固定資産税清算金

都市計画税清算金

登録免許税

  • 1.所有権保存登記
  • 2.所有権移転登記
  • 3.抵当権の設定登記

ローン諸費用

保証事務手数料

保証料

※いずれも金融機関・申込み内容により異なります。

その他

引っ越し代等

税抜取引価格 仲介手数料
400万円超 税抜取引価格 × 3%
+ 6万円 + 消費税
200万円超・
400万円以下
税抜取引価格 × 4%
+ 2万円 + 消費税
200万円以下 税抜取引価格 × 5%
+ 消費税

以下のページにて、住宅ローン返済のシミュレーションを行うことができます。ローン返済(毎月払い) – 高精度計算サイト
(「高精度計算サイトkeisan」カシオ計算機株式会社)

STEP3物件を見学する・購入の申込みをする

資金計画を立てた後、希望される物件条件の認識を不動産会社と擦り合わせることにより、不動産会社がお客様の物件探しを我が事のように把握でき、よりご希望条件に合致する物件をご提案することが可能となります。
提案物件の中で、ご興味がある物件を複数ご内見いただくことで、エリアや物件自体の比較検討ができ、ご希望条件に一番合致している物件を見つけられるようになります。

ご購入希望の物件が確定しましたら、その物件の売主様宛に購入の意思表示を書面(不動産購入申込書)にて行います。その際、価格交渉、お引渡し時期の交渉などを合わせて行い、代金のお支払い方法、住宅ローン利用の有無なども併せて記載いたします。

STEP4不動産売買契約を締結する

売主様と契約条件の調整が完了した後、不動産売買契約を締結します。

不動産売買契約時に必要となるもの(買主様)

  • (1)ご実印
  • (2)手付金(売買価格の5%が目安です)
  • (3)印紙代(売買価格により異なります)
  • (4)仲介手数料の半金
  • (5)ご本人確認資料(運転免許書、健康保険証など)

※ご本人がご契約に出席できない場合、別途、委任状・印鑑証明書が必要となります。

売買契約の締結にあたり、宅地建物取引士より重要事項の説明を受けます。その後、売主様と買主様の双方が納得なさった上で、契約書にご署名・ご捺印いただきます。

STEP5残金の支払いと物件の引渡し

ご契約の後、お引渡しの日程を調整し、その間に住宅ローンを借入する銀行と金銭消費貸借契約を締結します。金融機関から提示された必要資料を役所からお早めにご入手ください。

お引渡し日が確定したら、購入物件の最終現地確認を行います。売主様から共有された物件状況報告書の記載内容と照らし合わせて確認いたします。お引渡し日は、物件残代金を含む清算金の振込と登記手続きを行うため、平日日中となります。下記の資料をご用意いただき、清算金の振込が確認された後、物件の鍵をお渡しします。

お引渡し時に必要となるもの(買主様)

  • (1)残代金
  • (2)固都税(固定資産税と都市計画税)および管理費等の清算金
  • (3)登記費用(登録免許税等)
  • (4)仲介手数料の残額
  • (5)ご実印
  • (6)住民票(同居される方全員分)
  • (7)住宅ローン利用の場合、銀行依頼資料(印鑑証明書やローン保証料等)

鍵を受領した後の室内リフォーム、お引越し手配、役所などの諸手続きについて、事前に手配をしておきますと、スムーズにご入居いただけます。

不動産の購入をお考えの方は、
ぜひ一度ご相談ください。

東京の中古マンションの購入・売却・住み替えなら不動産売買の住み替えプラスにご相談ください。マンション・戸建・土地の売却や住み替えをお考えの方に、無料査定も行っております。

マンション・戸建・土地の
売却をご検討中の方へ

無料一括価格査定お申込みはこちらから 秘密厳守・無料査定・即時回答