住み替え時の「購入先行」「売却先行」どちらが有利?

不動産の購入・売却ガイド

住み替え時の「購入先行」「売却先行」どちらが有利?

住み替えの際の「購入先行」「売却先行」それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

thumbnail03

「購入先行」と「売却先行」のメリット・デメリット

住み替えをする際は、現在の住まいの売却と新しい住まいの購入、この二つの活動を並行して進める必要があり、その選択が住み替えの成否を左右するひとつのポイントとなります。
先に購入した場合、元の持ち家の分と合わせてローンが二重になる期間がないか、先に持ち家を売却した場合、仮住まいとして別の物件を借りる必要があるかどうか……など、資金の面でも引越しの面でも大きな違いが生じます。
「購入先行」と「売却先行」の双方にメリット・デメリットがあるため、自身や家庭の状況をふまえた上で無理のない資金計画を立て、各々にとって最適な方法で住み替え活動を行うことが重要となります。

「購入先行」について

「購入先行」の場合、先に住み替えたい物件を探し、購入物件の目処が立った後に持ち家の売却を行います。購入資金を先に用意する必要があるため、資金計画に余裕があるかどうか、事前の確認が必要です。その一方で、持ち家を退去した後に売却活動を行うため、内見などがスムーズに行いやすくなります。

「購入先行」の流れ

「購入先行」の流れ 「購入先行」の流れ

メリット

  • ・自宅の明け渡し時期を気にせずに新居を探せる
  • ・空室の状態で売却活動ができ、内見の日程調整などがしやすくなる
  • ・室内クリーニングやホームステージング(家具やインテリアを配置してモデルルームのような演出を施すこと)をした上で、部屋を内見してもらうことができるため、売却活動がスムーズに行いやすくなる

デメリット

  • ・売却価格が決まっていないため、資金計画に狂いが生じる可能性がある
  • ・購入資金を先に調達する必要があり、住宅ローンが一時的に新旧の二重になる場合がある

「売却先行」について

「売却先行」の場合、現在の住まいの売却活動を先行して行い、売却の目処が立った後に新居を探します。住まいの売却価格を把握してから購入物件を探すことになるため、資金計画が立てやすくなります。ただし、住まいを先に引渡すことになるため、引越しのタイミングについては検討が必要です。

「売却先行」の流れ

「売却先行」の流れ 「売却先行」の流れ

メリット

  • ・手元に残る資金が確定するため、住宅ローンの返済・新規借入などの資金計画が立てやすい
  • ・売り急ぐ必要がなく、希望価格で売却できる可能性が高い
  • ・居住中の部屋の内見に立ち会うことで、購入検討者がどのような人物なのかが把握できる

デメリット

  • ・居住中に内見が行われるため、内見予約に合わせて日程を調整し、部屋を片付ける必要がある(そのため、内見の絶対数が少なくなる傾向がある)
  • ・売却決定後、引渡しまでに住み替え先を探す必要がある
  • ・引渡し日までに住み替え先が決まっていない場合、仮住まいが必要となる場合がある

不動産の購入・売却ガイド「不動産の購入の流れ」「不動産の売却の流れ」も併せてご参照ください。

住み替えをお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

東京の中古マンションの購入・売却・住み替えなら不動産売買の住み替えプラスにご相談ください。マンション・戸建・土地の売却や住み替えをお考えの方に、無料査定も行っております。

マンション・戸建・土地の
売却をご検討中の方へ

無料一括価格査定お申込みはこちらから 秘密厳守・無料査定・即時回答